顔汗が止まらない人に潜む病気

顔汗を止めたいと悩んでいる方も多いでしょうが、
誰にでも起こり得るものですから、特殊なものとは言えません。

 

しかし、発汗量があまりにも過剰なのであれば、少し心配した方が良いです。
病気の一種である「顔面多汗症」かもしれません。
そしてそれ以外の病気が原因で、顔汗が発生している可能性もあります。

 

 

顔面多汗症が原因の顔汗

身体の一部からの発汗量が過剰である、という症状を「局所多汗症」と言いますが、
その内、顔にその症状が表れているものを「顔面多汗症」と呼ぶ場合があります。

 

顔面多汗症の要因は明らかになっていませんが、
交感神経が敏感になって、発汗を促進しているのが起因であると見られています。
そして遺伝との関係性も、明確な根拠はありませんが、原因の有力な候補となっています。

 

顔から過剰な発汗がある、という事実以上の影響は、このケースでは生じませんが、
顔に限らず体全体の発汗が多いのであれば、
これから紹介する病気である可能性が無視できません。

 

 

自律神経失調症

自律神経の内の交感神経の働きにより、汗腺に刺激が加わり、発汗が起きる仕組みですが、
これにより、緊張やストレス、慢性疲労を引き起こす場合があります。

 

そして発汗に限らず、体温の乱れ、息苦しさ、血圧・血流の悪化など、
色々な部位に異常が起きる事もあり得ます。

 

このようなものを総称して、自律神経失調症と呼びます。

 

自律神経失調症は上記の通り、症状が複雑に絡み合うケースが大半なので、
単純な治療では功を奏さない事が多く、時間を要する事がほとんどです。

 

 

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症とは「甲状腺ホルモン」の発生量が異常に増える事で生じる疾患の総称です。
ちなみに甲状腺ホルモンの主な作用は、身体の新陳代謝を活発にする事です。

 

甲状腺機能亢進症の内で代表的なものは「バセドー病」です。

 

症状は多岐に渡りますが、身体中の代謝が過剰に活性化するため、
体全体への多汗症状はもちろん、イライラなどの気持ちの乱れ、
息切れや動悸、食欲の異常(しかし体重は減る)など、身体面でも精神面でも、
不安定な状況が継続してしまいます。

 

 

糖尿病

血糖値が高すぎる状況が継続する病気。それが糖尿病です。
この様態が長期間継続すると、末梢神経に異常が生じ、
「糖尿病神経障害」という症状に発展する場合があります。
便秘、下痢、立ちくらみ、そして過剰発汗など、身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

 

更年期障害

女性ならではの症状であり、老化が原因で卵巣機能が衰え、
女性ホルモンの発生量の減少が原因で、身体のホルモンバランスが乱れ、
自律神経に狂いが発生して、心身共におかしくなっている状態の事です。

 

患者によって症状に幅がありますが、ほてり・のぼせ、憂鬱、イライラ、
血管に関する収縮異常、過剰発汗など、様々な症状を引き起こします。

 

 

上記以外

体全体からの発汗とは違い、局所的な発汗の内でも、
片面からのみ異常に発汗が多いという時には、
「縦隔腫瘍」や「大動脈瘤」が発生している恐れがあります。

 

いずれの場合も、交感神経に刺激を与え、顔の異常発汗を招きます。
発汗のみならず、体内や血液の中に異物が発生している状況ですので、
放っておくと、さらなる別問題に発展する場合もあります。

 

顔汗を止めるツボを知る

人体にはいわゆるツボが365あるとも、それ以上あるとも言われています。
ツボは身体中にあるわけですが、たとえば足にあるツボは足に影響するかと言うと、
そうではなく内臓など別の器官に効くことがあります。
ここでは顔汗を止めるツボを知りましょう。
いずれも上半身と手のひらなどで、指で押しにくいところではありませんから、
いつでもどこででも自分で指圧することができます。

 

「後けい」は手にあるツボ

握りこぶしを作ると小指の付け根辺り少し出っ張ります。
それが「後けい(こけい)」で、ここをゆっくりと親指で押します。
手の平を広げている時のツボは感情線の先端部分で、ここを親指でゆっくり押しましょう。

 

「いんげき」は小指側に手首にあるツボ

小指側の手首の下から指一本分のところにあるツボで、ここを親指で押します。

 

「合谷」は万能ツボ

「合谷」(ごうごく)は万能ツボで、手の甲を上にして人差し指と親指の骨が交差するところからやや内側にあります。

 

「おくえい」と「だいほう」は汗止めツボ

「おくえい」は胸の乳房から約5cm程度上にあり、「だいほう」は脇の下にあります。

 

汗を止める効果は個人差がある

ツボを押したら誰にでも顔汗を抑えることができるわけではありません。
すなわちツボでの汗止めには個人差があります。
しかし、何もしないよりは試した方がいいでしょう。

 

そして、おすすめは時間がる時にいつもこれらのツボを刺激してみることです。
たとえば電車待ちをしている時などは、これらのツボの指で押させることができる部分は
習慣的にツボ押しをしてみるといいのではないでしょうか。
ただし、コツは余り力を入れすぎないことで、ゆっくり、優しく押すことが大切です。

顔の汗をコントロールできる自律訓練法とは

顔汗が大量にでる原因が精神的な緊張ということがあります。
これは精神性発汗と言い、自律訓練法で改善できることがあるようです。
自律訓練法は一種の自己催眠ですが、練習をして試してみるのをおすすめします。
以下にその概要を説明します。

 

自律訓練法の6つの方法

自律訓練法の6つの方法は、両足・両腕が重たく感じる重感訓練、両足・両腕が温かく感じる温感訓練、
心臓の鼓動が静かだと暗示、呼吸が楽だと暗示、腹部が温かいという暗示、
額が涼しいという暗示で、いわばリラックスした状態の頭寒足熱の自己暗示です。
これは自分に自分で言い聞かせることが大切で、
自分の身体がこのような状態なのだと思うことが必要です。

 

 

慣れればできる自律訓練法で汗の量が減る

この訓練は最初難しく思われるでしょうが、重感訓練と温感訓練ができれば、ほかの方法もできるでしょう。
なお、自己暗示は無心でおこなうことがコツのようです。

 

 

人前で自律訓練法をおこなうのは難しい

自律訓練法はどこででもおこなえる方法ではなく、
誰にも邪魔されない静かな部屋で試しましょう。
ただし問題はたとえば通勤時の電車内などでもできるかどうかで、
人前でこのような自己暗示をおこなうのは難しいとのことです。
それは人前ではどうしても緊張感がリラックス感よりも強くなるからのようです。

 

 

自律訓練法は役に立たないのか?

これは実際にこの方法で汗を止めようと試みた人の言葉ですが、
周囲に人がいたり、緊張することがなければ、ある程度の効果はあるようです。
すなわち休みの日に自宅で独りだけいう環境での訓練法のようです。
ただし自己暗示をかける能力をマスターすれば効果があるかもしれません。
汗かき 対策